SEARCH BY TAG タグから探す

選択したタグで検索

COLUMN 【健康・エクササイズ】30分から始める有酸素運動 -サイクリングのススメ-

【健康・エクササイズ】30分から始める有酸素運動 -サイクリングのススメ-

 メジャー.png

「駅の階段を上がる際、どうも息切れが。」

「年を追うごとにパンツのサイズが大きくなっていく。」

運動する習慣が持てずに運動不足や生活習慣の改善に対して、最近悩むようになってきた。

厚生労働省の調査資料では、運動習慣の改善の意思として「関心はあるが改善するつもりはない」が25.2%、「改善するつもりである(概ね6カ月以内)」と「近いうちに(概ね1か月以内)改善するつもりである」が合わせて23%と、全体の4分の1の方が運動不足に対して何かしらのアクションを考えているという結果があります。

運動習慣の改善の意思画像2.png

運動習慣の改善の意思 - 運動習慣の改善の意思,年齢階級別,人数,割合 - 総数・男性・女性,20歳以上
(厚生労働省 2019年 調査資料より)

「運動不足が気になってはいるけれど、なかなか運動する気になれなくて。」

「仕事や家事が忙しくて、なかなか運動する時間がとれない。」

運動習慣の定着に妨げとなる点として「仕事(家事・育児等)が忙しくて時間がないこと」、「面倒くさいこと」の2点が全体でも多くを占めると厚生労働省の調査結果でも表れています。

運動習慣の定着の妨げとなる点.png

運動習慣の定着の妨げとなる点 - 運動習慣の定着の妨げとなる点,年齢階級別,人数,割合 - 総数・男性・女性,20歳以上
(厚生労働省 2019年 調査資料より)

時間も無いし、なんだか面倒くさいし、運動を習慣にするのは難しかったりしますね。

ウォーキング、水泳、ランニング等、数ある運動の中で、日常生活において「時間が無い」と「面倒くさい」を解決しているのがサイクリングです。

普段から駅までの移動時間の「短縮」や、買い物に出かける際の「気軽さ」というように、「時間が無い」と「面倒くさい」を日常生活において簡単に解決しています。

TTT06513.jpg

このサイクリングを運動と考えてみましょう。

例えば、休日に普段利用している駅やバス停の先までサイクリングしてみる。

街中をぶらぶら気ままにサイクリングしてみる。

時間にして約30分程度、気持ちよくサイクリングをすると立派な有酸素運動になります。

URBANIA11.jpg

ゆっくりから駆け足程度のスピードで、約30分のサイクリングをすると起伏にもよりますが、8km10km程の道のりになります。街中なら、お店や観光スポットに寄りながら休日のランチを楽しんでいたら、あっという間に過ぎる距離感。

通勤で普段利用している駅の先まで、脚を伸ばしてサイクリングして自宅に帰ってくるだけでも往復でだいたい8km10km程は「気軽に」「わずか30分で」行って帰って来ることができます。

_DSC8638.JPG30分のサイクリングでおにぎり約1個分のカロリー消費が見込めます。

30分程度のサイクリングで消費するカロリーは約200kcal。概ね主食1食分のカロリーを簡単に消費する事になります。

30分から始める有酸素運動 まとめ

  • サイクリングは「時間が無い」と「面倒くさい」を解決
  • 30分、8km10km
  • 消費カロリーは約200kcal

【健康・エクササイズ】30分から始める有酸素運動 -サイクリングのススメ-

 

関連記事

おはようサイクリング -朝の陽の光を浴びて一日を爽快にスタート-

代謝アップで健やかに

関連タグ

健康, エクササイズ, フィットネス, サイクリング, 生活習慣