SEARCH BY TAG タグから探す

選択したタグで検索

COLUMN 自転車のルールを守って楽しく安全にサイクリング♪

自転車は移動手段としてだけではなく、趣味としても魅力たっぷりの「乗り物」ですが、乗り物なので当然そこには「ルール」「法律」が存在します。今回は見逃しがちな、そして忘れられがちな自転車を取り巻くルールや法律について、改めて直していこうと思います。是非皆さん、安全で安心なサイクルライフのためにも、これらを守って楽しんでいただければ幸いです。

  1. 自転車は「軽車両」
  2. 自転車利用安全五則
  3. もし守らないと・・・?
  4. 事故のリスク
  5. ルールを守って安全なサイクリングを!

1 自転車は「軽車両=車の仲間!」

IMG_8611[1].jpg

自転車は道路交通法上では「軽車両」に分類されます。

つまり「車の仲間」です。

ここをまずは認識することが重要です。なんとなく言葉では理解しているけれど、意識までされている方は少ないのではないでしょうか。バッチリ意識されている方は、是非その認識を周りの人にお伝えいただければ幸いです。

つまり歩行者感覚ではダメと言うことです。

軽車両ということは次に解説していくように「守るべきルールや法律」が絡んできます。

 自転車安全利用五則

IMG_7975[1].JPG

「自転車安全利用五則」と言う言葉をご存知でしょうか?

警視庁より平成19年7月10日に発表された自転車の安全利用に関する規則です。

他にもたくさんルールが存在しますが、まずはこの五則を守ることが、出発点となります。具体的にみていきましょう。

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

 道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。

 したがって車道と歩道の区別があるところは車道通行が原則です。

2.車道は左側を通行

 自転車は、道路の左側に寄って通行しなければなりません。

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

 歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。

 歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければなりません。

4.安全ルールを守る

 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

 夜間はライトを点灯

 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

 幼児・児童を保護する責任のある方は、幼児を幼児用座席に乗せるときや幼児・児童が自転車を運転するときは、幼児・児童に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

3 もし守らないと・・・?

道路交通法上は「軽車両」に分類されそこにはきっちりと法律が根拠としてあるわけですから、違反をすると罰則が課せられます。

IMG_8915[1].jpg

例えば信号は誰しもが必ず守らなければなりませんが、信号無視をすると悪質な違反の場合は「3月以下の懲役又は5万円以下の罰金等」が課せられる可能性があります。

他には夜間の無灯火運転。自転車は、夜間はライトを点灯しなければいけませんがこれを違反すると「5万円以下の罰金等」が課せられる可能性があります。

また、これまでは運転者のルールやマナーの話でしたが、自転車の整備という意味でも守るべきことがいくつも存在します。例えば安全に停止するために不可欠なブレーキですが、これを装着しない状態で走っていると「5万円以下の罰金等」が課せられる可能性があります。

これらの罰則を受けないために守ると言うわけではなく、安全安心に、事故なく、怪我なく日常生活を過ごすために、自転車に関するルールを守っていただければ幸いです。

4 事故のリスク

そして何より事故を起こさない、起こさせないためでもあります。

自転車事故は年々増加傾向にあり、社会問題にもなりつつあります。自転車の便利さが見直され、世界的需要が急増し、日常生活の移動だけではなく配達業などにも活用されるようになりました。

残念なことですがそれと比例するように事故が増えていっています。おそらく今後も増加することが予想されます。

IMG_4430[1].JPG

自転車事故はそのほとんどが被害としては小さなものです。ちょっと自転車が壊れたり、少し擦り傷を追うくらいで済むものが多いです。実際に皆さんも少なからず怪我をされたり故障したことがあるのではないでしょうか。そしてそれは「たまたま運が良かった」だけの可能性があるのです。

自転車は実はものすごく防御力の低い乗り物と言われています。何故なら身体が晒されているからです。そして乗車している人の重心が高い。つまり転倒時には頭から地面に落ちる可能性があると言うことです。外傷リスクが非常に高いとも言い換えることができます。

パッと手をつくことができれば良いですが(それでも手のひらはボロボロになりますが...)もしそれが間に合わず、あるいはあまりに突然のことでどうしようもなく、頭から地面に叩きつけられれば......。その被害は想像に難しくありません。

滅多に起こることのない「万が一」の例だとは思いますが、その万が一を起こさせないことが何より重要です。もし事故が起こってしまった場合のことを想定して、安全運転を心がけましょう。


5 ルールを守って安全なサイクリングを!

自転車は車やオートバイと違って免許がいらない分、小さなお子様からご年配の方まで、誰でも乗ることができる便利な乗り物です。移動手段として日常に溶け込みやすく、また排気ガスを排出しなければ電気も不要ですので、エコな乗り物としても注目されています。

IMG_2463[1].jpg

免許がいらないからこそルールや法律を自制心を持って守ることが重要です。特に自転車を趣味にしていると、普通の人よりも自転車に乗る時間が長くなり、様々な道路状況に身を置くことになると思います。ルールを守って安全なサイクリングをお送りください。

関連イベント

乗り方講習会

関連タグ

クロスバイク, サイクリング, ロードバイク, 初心者